ユーザー車検の書類の書き方と費用はココを見ればわかります

ユーザー車検に必要な書類費用について解説します。

 

このサイトには、
ユーザー車検に関する記事が複数あります。
他の記事もご覧になって、総合的な知識を得てください。

ユーザー車検の予約はインターネットで簡単!
ユーザー車検の点検整備はここをチェック
ユーザー車検の書類の書き方と費用はココを見ればわかります←今ここ
ユーザー車検の検査ラインを動画で分かりやすく解説

Sponsored Links

 

揃えなくてはならない書類は全部で7種類(8枚)になります。
このうち、3種類は準備段階で揃えることができます。
点検整備記録簿も準備できると4種類となります。

 

既に手元にある書類

●自動車検査証
自動車税納税証明書
●自賠責保険証明書(1/2:旧)
▲点検整備記録簿(事前に準備するのが良)

残りの4種類は、
陸運局で用紙を購入してその場で揃えていきます。

 

残りの書類

●自賠責保険証明書(2/2:新)
●継続検査申請書
●自動車検査票
●自動車重量税納付書

 

 

用紙の揃え方

 

用紙は陸運局内もしくは隣接する自動車会館で揃えます。
流れとしては、以下のようになります。

1. 用紙一式を購入する
2. 自賠責を更新する
3. 重量税を支払う
4. 用紙に必要事項を記入する

ユーザー車検を行う人増えてきているため、何処の
陸運局(陸運支局)でも総合案内所で丁寧に
教えてもらえます。
分からなければ、まずここで聞きましょう。

 

また、それぞれの窓口にはプレートが掲げてあるので
それだけ見ても書類は揃えることができます。

 

 

必要書類

 

1. 自動車検査証

→いわゆる車検証です。
これがなければ話になりません。
ダッシュボードやトランクに必ず積んであるはずです。

 

2. 自動車税納税証明書

→毎年5月にくる自動車税を支払った際の領収書です。
検査を受ける年度に有効な日付のものとなります。

 

3. 自賠責保険証明書

→これは新旧2枚必要となります。
今、車検証と一緒に入っているものが「旧」となります。
「新」については陸運局で取得することができます。
事前に保険会社で作ってもらうこともできます。

 

上記3種類の画像がこちらになります。既に手元にある書類です。
【クリックで拡大】
DSC00224

 

4. 点検整備記録簿

→これは、車に付属の点検記録帳面から年次点検の用紙を
切り取って使うことができます。
チェックポイントがたくさんありますので、事前に
準備するのがベターです。
それができない場合は、用紙を陸運局で購入して、
その場で記載してもOKです。

点検項目は、自分でやったところだけチェックを入れます。
自分ではできない項目(排ガスチェック等)については、
空けておきます。
わからないままチェックを入れるとヤブヘビになりますのでご注意を。

 

画像はこちらになります。赤丸のところは記載必須部分です。
【クリックで拡大】
DSC00223

 

5. 継続検査申請書

→陸運局で用紙を購入します。
OCRマークシートになっています。
この申請書はすべて鉛筆で記入します。
鉛筆もしくはシャープペンシルを忘れずに持参します。
認印が必要なので、これも忘れないようにしましょう。

 

画像はこちらです。赤丸が記載する部分です。
【クリックで拡大】
DSC00222

 

6. 自動車検査票

→陸運局で用紙を購入します。
検査を受ける時のチェックシートで、
検査ラインに入る時に使用します。
検査費用の収入印紙を貼り付けてあります。

 

こちらです。これは車検合格後のスタンプ済の画像となります。
【クリックで拡大】
DSC00220

 

7. 自動車重量税納付書

→陸運局で用紙を購入し、それに重量税の収入印紙を
貼り付けたものです。
この用紙はピンク色をしています。

 

画像です。収入印紙は購入時に貼り付けしてもらえます。
【クリックで拡大】
DSC00221

Sponsored Links

費 用

 

費用は以下の4項目で発生します。

1. 申請用紙代       50円
2. 検査登録印紙代   1,800円
3. 自動車重量税  表1(一般車)
        表2(エコカー減税適応車)
4. 自賠責保険料  表3

 

表1:自動車重量税(一般車)

車両重量 ◆エコカー減税適用なし
次世代 免税なし 18年経過
0.5トン以下 5,000円 8,200円 12,600円
~1トン 10,000円 16,400円 25,200円
~1.5トン 15,000円 24,600円 37,800円
~2トン 20,000円 32,800円 50,400円
~2.5トン 25,000円 41,000円 63,000円
~3トン 30,000円 49,200円 75,600円

 

表2:自動車重量税(エコカー減税適応車)

車両重量 ◆エコカー減税適用
免税 75%減 50%減
0.5トン以下 0円 1,200円 2,500円
~1トン 0円 2,500円 5,000円
~1.5トン 0円 3,700円 7,500円
~2トン 0円 5,000円 10,000円
~2.5トン 0円 6,200円 12,500円
~3トン 0円 7,500円 15,000円

 

 

表3:自賠責保険料

車両区分 12ケ月 24ケ月 36ケ月
普通車 16,350円 27,840円 39,120円
軽自動車 15,600円 26,370円 36,920円
二輪車 9,180円 13,640円 18,020円
自家用小型貨物車 17,270円 29,680円
自家用普通貨物車 24,040円 43,090円

 

黄色のマーカーは、一般的な2000CCの乗用車の場合です。
この時、ユーザー車検総費用は54,290円となります。

 

上記の自動車重量税と自賠責保険料とは水ものです。
これは2013年7月時点の費用とご理解ください。

 

自動車重量税は様々な税制改革の動きを受けて、
ここ数年は下がってきています
一方、自賠責保険料は逆に上がってきています。

 

以上が必要な書類と費用の全てです。
たくさんあって大変に感じるかもしれませんが、
実際は、陸運局側でちゃんと確認しながら
準備してくれるのでやってみれば簡単です。

 

案ずるより産むが易し、がユーザー車検です。
費用的には、必要最小限となりますので、
経済的です。

 

是非、ユーザー車検に挑戦してみてください。

 

 

[amazonjs asin=”4816319174″ locale=”JP” title=”ユーザー車検パーフェクト・マニュアル―あなたにもできる!書類の準備、車検場での検査から、整備点検まで”]

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

記事内容で、わかりにくところがあれば、この下の「コメント記入欄」よりお尋ねください。ご意見・ご感想も大歓迎です。お気軽にお寄せください。

また当ブログ管理人の好きな「のりもの」関係の記事は、トップページ最上段に目次ボタンがあります。よろしければ、そちらから他の記事もどうぞ!

 

↓管理人も加入おすすめNo.1自転車保険↓

あわせて読まれている記事はこちら


Sponsored Links
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す