自転車の子供乗せ!前は何歳から?注意点は?

日常生活はもちろん、大規模災害時にも活躍することから、
注目が高まっている自転車。

子育て中のヤンママや、イクメンにとっても、
経済的負担の軽い自転車は、有難いものですが、これに大事な
子供さんを乗せるとなると、様々なことに注意が必要となってきます。

 

ここでは、自転車の前の子供乗せに、子供さんを乗せる時に、
注意しなくてはならないポイントを、具体的に分かりやすく
お伝えしていきます。

是非、良くお読みになって、自転車を子供さんと一緒に、
安全かつ快適に、使ってくださいね。

Sponsored Links

どのようなタイプの自転車がいいの?

ご使用になる自転車のタイプによって、安全性が激変します。
これは、子供乗せを使う際に、避けては通れないことなので、
最初に必要最小限の知識を仕入れておきましょう。

 

子供さんを、前に乗せるのに、適している自転車を、
安全性と利便性に優れる順番にあげると、以下のようになります。

  1. 子供乗せ自転車で、電動アシスト機能付
  2. 子供乗せ自転車で、変速機付き
  3. 26インチ以下の自転車で、電動アシスト機能付
  4. 26インチ以下の自転車で、変速機付き

上記以外の自転車には、大事な子供さんは乗せないほうが賢明です。
ホームセンターなどで格安で販売されている、お隣の大国で作られた
変速機のない27インチ・片足スタンド自転車などは、ほぼ最悪です。


ハンドルがまっすぐなタイプ(Tチャリ)や、クロスバイクのような
スポーツタイプもダメですよ~。
少しバランスを崩すと、即、転倒につながります。

荷物ならば、落としてしまっても、
「あ~、おとしちゃったわぁ」で済みますが、
子供さんは、絶対に落とせません。

その事を何よりも優先して、自転車は上記の4タイプから
選択するようにしてくださいね。

Sponsored Links

何歳から乗せられるの?

法律で定められている年齢の下限はありません。
これは、子供さんの発育状況で判断します。

 

判断基準は、
首と、腰がすわってから
となります。

個人差はありますが、10ケ月以降ではないでしょうか。
一人座りができて、頭も安定してくれば、乗せてもいいでしょう。

 

前乗せに関しては、いつから乗せられるかよりも、
いつまで乗せられるか?
のほうが大事です。

 

法律では、6歳未満までは乗せることができます。
しかし、これは後ろに乗せる場合と考えてください。

前の場合は、年齢ではなく、子供さんの体の大きさで決まります。
具体的な、数値は以下となります。

身 長  100cmまで
体 重  15kgまで

身長については、100cmを超えてくると、お母さんの前方視界の妨げ
になってきます。

体重は15kg以上になると、ハンドル操作が急激に難しくなります。
また、子供乗せや自転車への物理的な負担が増え、壊れやすくなり危険です。

 

子供さんの年齢にすれば、早い子供さんで2歳くらいから、
遅くても、3歳半くらいまでには、この基準に到達するはずです。

この基準となる数値以上の子供さんは、後ろに乗せることになりますので、
早目に、後ろの子供乗せのほうも、準備しておきましょう。

Sponsored Links

注意することは?

3つの切り口から必要な注意について、まとめています。

いずれも、子供さんの安全を最優先に考えていますので、
余程の事情がないかぎり、全部クリアしておきたいところです。

 

自転車の仕様での注意点

なくてはならない自転車の仕様は、
両足スタンドが付いていること
です。

もし、子供さんを乗せる予定の自転車が、普通の自転車で、
片足スタンドであるならば、まずこれを両足スタンドに交換しましょう。

片足スタンドで立てている傾いた自転車に、子供さんを乗せるのは
至難の業ですし、車体が倒れやすいので、かなり危険です。

 

交換は、自転車専門店に頼めば、どこでもやってくれます。
子供乗せを買った時に、同時にスタンドも交換してしまうのがいいです。

両足スタンド

費用は、3000円~5000円ほどです。
ここは、重要なポイントなので、ケチらないで必ず交換しましょう。

この点でも、子供乗せ自転車ならば、しっかりした両足スタンドに加えて、
ハンドルを固定する「ハンドルロック」が装備されているので安心です♪

Sponsored Links

子供さんへの注意点

ヘルメットは必須のアイテムです。
万一の転倒時に、ヘルメットの有無が、生死を分けることを
考えれば、これは最優先事項として、子供さんに被らせてあげてください。

小さな子供さんの頭が大きいことは、ご存知の通りです。
万一、自転車が倒れると、子供さんは頭から地面に当たります。

子供乗せに、ヘッドレストが付いていても、安心できません。
ヘルメットには、おでこや顔面も、守る効果がありますので、
あるとないとでは、大違いです。

子供用ヘルメット

 

次にベルトの着用です。
これは、車のシートベルトと同じ働きをします。

子供乗せを選ぶ際には、できれば5点式、悪くても3点式
ベルトの付いているものを選び、これを確実に着用します。

 

子供さんが小さいうちは、子供乗せの上でずり落ちて、
半分寝ころんだような姿勢に、なることがあります。

このような場合は、バスタオルなどをクッション代りに使い、
ベルトと体と間を、詰めるようにすれば良いでしょう。

 

運転するときの注意点

一番大事なところは、お母さんが運転に、どれだけ注意を払うかです。
注意点を、重要度順に並べてます。

絶対に自転車から手をはなさない!

  • 子供さんを乗せた瞬間から、自転車から手をはなしてはいけません
  • 信号待ちなどで、うかつにハンドルから両手をはなすと、子供さんの重みで
    一気にハンドルが切れて、自転車もろとも転倒することがあります。

 

片手運転しない!

  • 前乗せは、僅かな路面の変化でも、ハンドルがふらつきます。
  • 運転中は、携帯電話に触れることは厳禁です。

 

サドルの高さは、両足のかかとが地面にベタツキする高さで!

  • ぺダリングの効率は落ちますが、安全性を最優先します。
  • サドルを下げると、全体の重心も下がるので、安定感が増します。

 

発進時は、力を入れてぐっと踏み出す!

  • 前乗せの場合は、こぎ出し時が一番不安定でふらつきます。
    力強く踏んで、安定して走れる速度まで、しっかりペダルを踏みましょう。
  • 発進時の変速機の位置は、一番軽いところにセットしておきます。

 

ブレーキは後輪(左手側)をメインで使う!

  • 前輪(右手側)で急制動すると、子供さんが前に飛び出すことがあります。
  • ブレーキは、後輪をメインで使い、不足する場合に、前輪(右手側)も使います。

 

押し歩きは避ける!

  • 前に子供さんを乗せたままの押し歩きは、バランスを取りにくく危険です。
  • 上り坂などで、どうしても自転車を押さなくてはならない場合は、
    子供さんを歩かせるか、おんぶ紐を使っておんぶするかします。

 

スカートで乗らない!

  • 前乗せは、どうしてもガニマタでの運転となります。
  • スカートによっては、子供乗せに引っかかったり絡まったりすることがあります。
Sponsored Links

まとめ

何歳から?
・腰がすわってから!

いつまで?
身長100cm、体重15kgまで!

 

 

注意点は?
・適切な、自転車と子供乗せを選ぶ!
・ヘルメットとベルトは必ず!
・自転車(ハンドル)から手を離さず、
・しっかりとペダルを踏んで走り、
・止まる時は、後輪ブレーキで!

後ろに乗せる時は、前とはまた別の注意点があります。
それについては、こちらの記事で詳しく書いていますので、
合わせてお読みいただけると幸いです。

自転車子供乗せ!後ろはいつまで?おすすめはコレ!

以上、お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

記事内容で、わかりにくところがあれば、この下の「コメント記入欄」よりお尋ねください。ご意見・ご感想も大歓迎です。お気軽にお寄せください。

また当ブログ管理人の好きな「のりもの」関係の記事は、トップページ最上段に目次ボタンがあります。よろしければ、そちらから他の記事もどうぞ!

 

↓管理人も加入おすすめNo.1自転車保険↓

あわせて読まれている記事はこちら


Sponsored Links
このエントリーをはてなブックマークに追加

2件のトラックバック

コメントを残す