夏野菜の栄養を食べ合わせでさらに活かす方法!

夏を乗り切る食材としては、
ビタミンやミネラルを豊富に含む夏野菜が代表格です。

夏野菜とはその名の通り、夏が旬の野菜。
夏野菜は暑さに耐えるための水分が豊富で、
緑、赤、紫などの色素を含む皮で紫外線から
自らの身を守っています。

 

これはそのまま人間にとっても夏を乗り切る
栄養元となって働いてくれるのです。

 

この夏野菜栄養を、相乗効果によって
より高めることができる有効な食べ合わせを知っておくと
夏野菜の利点を最大限に活かすことができます。

 

Sponsored Links

 

肌を守るには

 

トマト + アボガド(ビタミンEを含む食材)

トマト     アボガド

トマトに含まれる栄養素

トマトの赤い皮にふくまれるリコピンという栄養素が
肌のシミやくすみを抑える効果があります。

食べ合わせのコツ

リコピンはビタミンEと一緒に摂れば効果が高まります。
アボガドゴマを用いてサラダにしてみましょう。
これにピーナッツアーモンドを添えれば、
食感的にもメリハリがついておすすめです。

 

 

赤色ピーマン + 植物油

赤色ピーマン     植物油

赤色ピーマンに含まれる栄養素

ビタミンCを始め肌を整えるビタミン類が豊富です。

食べ合わせのコツ

植物油で炒め物にします。
植物油はビタミン類の吸収を良くする効果があります。

 

 

夏バテ対策には

 

ナス + ごま油

ナス     ごま油

ナスに含まれる栄養素

ナスの紫の皮にはナスニンというポリフェノール
含まれています。
ポリフェノールは抗酸化作用を持ち細胞の老化防止に
効果があります。
また、ナスニンは目の疲れ予防にも効くといわれています。

食べ合わせのコツ

ごま油と合わせて調理します。
ナスがごま油に含まれるビタミンEを吸収し、抗酸化作用が増強します。
ナスは大量のごま油を吸い込みますので、使いすぎには注意します。

 

 

ゴーヤ + 豚肉

ゴーヤ     豚肉

ゴーヤに含まれる栄養素

体のむくみを抑えるカリウムと、ビタミンCとを
多く含みます。
ゴーヤに含まれるビタミンCは熱に強いので、
火で炒めても大丈夫です。

食べ合わせのコツ

疲労回復を助けるビタミンBを豊富に含む豚肉
一緒にたべれば、最高の夏バテ対策料理となります。
おすすめはゴーヤチャンプルーとなります。

Sponsored Links

胃腸を元気にするには

 

オクラ + カレー

130621     オクラカレー

オクラに含まれる栄養素

ネバネバ成分のペクチンという水溶性植物繊維が
糖の吸収を穏やかにする効果があります。
またムチンと呼ぶ粘膜保護成分や、ベータカロテン、
ビタミン類も豊富です。

食べ合わせのコツ

カレーの具にするのがおすすめです。
香辛料から胃を守ってくれるほか、
タンパク質の消化を助けてくれます。
炭水化物のご飯からの糖の吸収も穏やかになります。
上の写真のようにカレーにトマトを加えると尚良いでしょう。
オクラに火を通し過ぎないことに注意して
調理するようにします。

 

 

ミョウガ + 味噌

ミョウガ     味噌

ミョウガに含まれる栄養素

食欲と消化を促進するαピネンや夏バテに効果の
あるカリウムを含みます。
αピネンは発汗を促し体温を下げる効果もあります。

食べ合わせのコツ

αピネンは揮発性が高いためミョウガは生のまま
食べます。
この時に味噌と一緒に食べ合わせると、
ミョウガの独特の香りに味噌の塩分と栄養が
加わり、おいしさと食べやすさがアップします。

 

 

夏野菜は水分をたくさん含んでいるため、
食べ過ぎると胃腸を冷やしてしまう事があります。

 

朝食や昼食では生で、夕食では火を通して食べる
など、タイミングを意識することでより効果的に
栄養を採り入れることができます。

 

夏野菜の栄養の個性を知って、
上手に食べ合わせを工夫してみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

記事内容で、わかりにくところがあれば、この下の「コメント記入欄」よりお尋ねください。ご意見・ご感想も大歓迎です。お気軽にお寄せください。

また当ブログ管理人の好きな「のりもの」関係の記事は、トップページ最上段に目次ボタンがあります。よろしければ、そちらから他の記事もどうぞ!

 

↓管理人も加入おすすめNo.1自転車保険↓

あわせて読まれている記事はこちら


Sponsored Links
このエントリーをはてなブックマークに追加

1件のトラックバック

コメントを残す