スズメバチを、自分で駆除する方法です。

個人で駆除するのは、大きな危険を伴いますので、出来れば駆除専門業者に頼んだ方が良いですね。

自分での駆除はあくまで自己責任となります。

事前に薬剤などの準備を行い、十分に安全対策を 講じてから、実行してください。

 

また、万一刺された時の、準備と覚悟もしておかなくてはなりません。この件については、後述しています。

 

駆除の方法を2種類、紹介します。

それぞれの場合に応じて使い分けてくださいね。
「スズメバチの巣の駆除?安全確実な方法とは!」の続きを読む…

生活

猛暑の年には、スズメバチの活動も活発になるそうです。

活動が活発になると、を本来の森や山の中だけでなく、家の軒下や、ベランダにも作るケースが多くなります。

 

我が家も、マンションであるにもかかわらず、ベランダに置いていた、ストッカーの後ろに、立派なキイロスズメバチの巣が、できたことがあります(汗)

 

前から見ると、ただのベランダストッカー・・・
スズメバチの巣表

 

後ろはこんなことに・・・
スズメバチの巣後ろ

ぅぎゃーーー!

 

その時の経験も踏まえて、スズメバチの巣ができてしまった時の対応についてまとめてみました。

スズメバチの特性を知ることにより、より適切な対応を取ることができますよ。
「スズメバチの巣を駆除?と、その前に・・・」の続きを読む…

生活

医療事務のお仕事に、興味をお持ちの方が多いようです。

医療事務

ハローワーク求人で、医療事務を捜す時には、
注意しなければならないポイントがいくつかあります。
求人の背後に潜む事実で、知っておいたほうが良い
ポイントをまとめてみました。
「ハローワーク 医療事務の求人!これが落とし穴!」の続きを読む…

生活

地震大国に住む私たち。
いつ大地震に、見舞われるかも知れない私たちにとって
重要で不可欠な防災グッズとは何でしょうか。

私は阪神淡路大震災を、激震地で経験しました。
その苦労した経験から、揃えておかなくては
ならない防災グッズの中から、最も重要なものと
して、以下の3点を挙げたいと思います。

Sponsored Links

生活用水 / 20リットル/1人

 

実際に、地震後の生活で最も不自由したのが
この生活用水です。
大きな地震では、必ず水道は止まってしまいますので。

 

飲料水は、被災直後から支援物資なので
手に入りやすいのですが、この生活用水は
入手が大変なのです。
生活用水は、どのような場合に使うかというと、

 

・手や顔を洗う
・体を拭く
・水洗式のお手洗いを流す

 

の三つが代表的な用途です。

 

この中でも、3項のお手洗いを流すのには
かなりの水が必要です。
水洗式であれば、停電していても断水していても
この水があれば流すことができます。

 

お手洗いを流すのに、貴重な飲料水を使うわけにはいきません。
私は、阪神大震災時は、この生活用水確保のために
ベランダにビニールシートを拡げて、
雨水を集めることまでやりましたよ(苦笑)

 

家族4人とすれば、1日に20リットルは必要です。
生活用水は、できれば大きなポリ容器を購入して
ベランダなどに置いておきたいものです。

 

この写真は、我が家のベランダの水です。
ここに、家族3人分、140リットル置いてます。
非常用水

 

20リットルのポリ缶も、運搬に便利なので、
併用するのがベストです。
理想は50リットル/1人ですが、最低ラインとして
20リットル/1人は確保しましょう。
これで3~4日は持ちます。
危機は初めの、3~4日です。
この時期さえ蓄えで乗り越えれば、あとは何とかなるものです。

 

とりわけマンションの高層階に住む人は、
この水がなければ大変です。
エレベーターが止まるからです。
停電が解消しても、エレベーターは専門業者によって
安全が確認されるまで、動かないんですよ。

 

近くで給水が始まっても、自宅まで階段で
運び上げることを思えば、絶対に持っておきたい
防災グッズの一番に挙げておきたいものです。
「防災の日に確認!防災グッズの重要ベスト3はこれ!」の続きを読む…

生活