エアーリンクの自転車保険加入!簡単5分で2億円補償!

自転車保険の加入を義務化する地方自治体が増えてきました。私の住んでいる兵庫県も、2015年3月18日に兵庫県議会によって、自転車購入者に対する自転車保険の加入を義務付けする条例制定がなされ、2015年10月1日から実施することが決められました。

今までは、自転車での事故といえば他の保険の特約などで賄えてたかも知れないんですが、賠償額が高額化した現在ではそうもいかなくなってきました。

私も自転車を趣味として楽しんでおり、過去からいろいろな自転車保険のお世話になっていました。今回、自転車事故に対する社会の意識変化を受けて、個人賠償責任補償がしっかりしている自転車保険への加入をしようと考えました。

同じ入るならベストチョイスをしたいので、徹底的に自転車保険のことを調べてみました(調査結果も記事にしていますので、本記事巻末にリンクを設けておきます)。

その結果、エアーリンク総合保険の「自転車の責任保険」充実コースに加入しました\(^o^)/
こちらの保険です。
エアーリンク総合保険センターのホームページ

 

いろいろ調べてみると、この自転車保険が、私のような自転車のヘビーユーザーには最もバランスよくフィットする保険であることが分かります。よって、内容的に一番のおすすめ自転車保険なのですが、この自転車保険には、もうひとつの隠れた美点がありました。

それはエアーリンクの自転車保険は、加入手続きがすごく簡単で、自宅のPCやスマホから、あっという間に加入ができてしまうことです。これは、エアーリンク社がネットでの販売を専業としている強みでしょうね。

この記事では、その加入方法について、実際に私が加入した時の画面を使って、画像中心に説明していきます。自転車保険をエアーリンクに決めた方は、ぜひ参考にされてください!

Sponsored Links

実際に加入してみた!

エアーリンクの自転車保険は、2015年度の「オリコン顧客満足度ランキング」の自転車保険部門で、

  • 保険料
  • 加入手続きの容易さ・速さ

で、第1位だそうです。

この保険のチラシ(ホームページからリンク有)には、以下のように記載されていました。
hoken11

 

なんだか、あまり聞いたことのないランキングですが^^;、れっきとした保険会社であるエアーリンクが堂々と断言しているので、きっとそうなんでしょう。

保険の契約というと、なんだか手続きがたいへんな印象ってありませんか?

私のこれまでの経験で言うと、保険の申込み時には、ハンコとか身分証明書とか銀行の口座情報とかを準備したうえで、何枚もの書類を書かされて、びっしりと細かい文字で書かれた(誰も読まない)保険契約書のような冊子を渡されて、それやこれやで1~2時間はかかるようなイメージでした。

ところが、今回、実際に申込み手続きをしてみるとすごく簡単で、5分くらいで個人賠償責任補償額が2億円の自転車保険に加入できました。


申込みに際して必要となるのは、保険料(1年間分で5,000円/充実コース、3,600円/基本コース)を決済するカードだけです。

ではその日本一の「加入手続きの容易さ・速さ」がどの程度のものなのか?
そのすべてをご覧ください(^_-)-☆

Sponsored Links

加入手続きは全部で3ステップ!

加入手続きは、大きくわけて3つのステップに分けられていました。

  1. 加入する保険のコースを決める
  2. 氏名や住所、メールアドレス等を記入する
  3. カードで支払いを行う

基本はこれだけですが、そこは契約事項。細々とした確認事項が、各ステップ間に挟まりますので、見落とさないように注意しながら進んでいく必要があります。

もしエアーリンクの自転車保険に加入されるならば、以下の画面キャプッチャを参考にされてください。実際に私が加入時に出てきた画面を撮ったものです。

 

まず、エアーリンクのホームページに行きます。ページの下のほうに(⇒ もっと詳しく見る)というボタンがあります。

そのボタンを押して開いたページから、(⇒ お申し込み手続き)のボタンを押します(少し場所が分かりにくいです)。
hoken0

 

すると、コースを選べるページが出ますので、「充実コース」あるいは「基本コース」のどちらかのコースを選択します。
hoken1

また、このページの上部で、保険を開始する希望日を決めることができます。ここで注意することは、最短でも3日後からの開始となることです。今日申し込んだなら、明日と明後日は、注意して自転車に乗りましょう。

 

コースを選択すると、次の画面になりますので、お申し込み手続きへ進むボタンを押します。
hoken2

IDやパスワードは、この時点では無くてオーケーなので、そのまま進みます。

 

さて、ここまでがステップ1です。ここでやったことは、契約コースの決定と確認。決定すると、契約に関する注意事項が示されますので、一応、読んでおきましょう。読めば、次に進みます。
hoken3

↓管理人も加入おすすめNo.1自転車保険↓

ステップ2では、氏名とか住所とかメールアドレスとかの、必要事項を記入します。
ここが一番時間がかかるところです。といっても、わずかなものですが。
hoken4

 

記入し終ると、確認画面が出ますので、そのページの下のほうに移動していきます。
hoken5

 

ここで、重要事項説明の書かれたPDFファイル(A4にして4枚のボリュームです)を、ダウンロードして読まなくてはなりません。

読み終わると(読むフリをするだけでオーケーです^^;)、チェックボックスにチェックを入れてから、(⇒ 確認メールを送信する)ボタンを押します。
hoken6

 

すると、ステップ2で書いた、登録メールアドレスにメールが届いてます。
hoken7

このメール内に記載されているURLにはタイマーが仕掛けられていて、その時間は30分です。ここで一服したくなっても、我慢しましょう( ̄▽ ̄)

 

メールソフトに移動し、届いたメールに記載されているURLをクリックすると、お金を払うページが開きます。カードの種類を選択して、カード情報を入力したら、(⇒ 決済して申し込みを完了する)ボタンを押します。
hoken8

 

これで申し込みは完了です!
自動的に、自分のアカウントが作成されていました。
hoken9

 

トップページに戻って、「マイページログイン」ボタンを押すと、新たに作られたマイページが開き、保険の内容を確認することができます。
hoken10

 

同時に、メールボックスのほうには、加入が完了した旨を伝えるメールが届き、そこで証券番号や取引ID、その他の事項を確認することができます。
DSC04225

 

障害保険証券の実物は、約3週間後に、エース保険から自宅に届きます。
DSC04384

 

以上で、すべての作業は終了です。これで、個人賠償責任補償額が最強の自転車保険に加入できたので安心です。
これだけの手続きで、2億円もらえたらいいのに(笑)

さいごに

自転車事故は、この10年で1.9倍増だそうです。背景としては、次のような社会の潮流が自転車事故の増加につながったのではないでしょうか。

  • エコブームが自転車利用の拡大につながった
  • 健康のため自転車に乗る方が増えた
  • スピードの出るスポーツ車が手軽に買えるようになった
  • スマホの「見ながら運転」が増えた(半分冗談ですが、笑えない現実です^_^;)

いずれの項目にも共通する特徴としては、比較的自転車経験の浅い初心者さんが多いことじゃないかな?と思ったり。
だから事故も起こりやすいのかも。。。

あなたは上記のどれかに当てはまっていませんか?

 

恐いことは、初心者であろうがベテランサイクリストであろうが、その事情の如何によらず、もし自転車事故を起こしてしまったら、刑事上の責任問題に発展する確率が、ぐーんと上がってることなんですよね(゚д゚)!

通勤や通学で自転車に乗る頻度の高い方、自転車を趣味とする方などは、一刻も早く自転車保険に入っておくべきだと思います。あなたにも、そしてあなたが傷つけてしまうかも知れない誰かにとっても、今できる最良の方法は、自転車保険への加入です。

本記事が自転車保険加入への参考になれば幸いです。「思い立ったら吉日」ですので、お早目に!
エアーリンクの自転車保険を申し込む

 

これまでに書いた自転車保険関係の記事は以下です。
エアーリンク以外の自転車保険についても、いろいろと調査結果を書いてますのでご参考にされてください。

自転車保険!比較時の重要ポイントはココ!

自転車保険!おすすめベスト3はコレ!

自転車保険!エアーリンクとau損保とを比較してみた!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

記事内容で、わかりにくところがあれば、この下の「コメント記入欄」よりお尋ねください。ご意見・ご感想も大歓迎です。お気軽にお寄せください。

また当ブログ管理人の好きな「のりもの」関係の記事は、トップページ最上段に目次ボタンがあります。よろしければ、そちらから他の記事もどうぞ!

 

↓管理人も加入おすすめNo.1自転車保険↓

あわせて読みたい管理人おすすめの関連コンテンツ!




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す