ロードタイヤの交換!はめ方のコツを動画で解説!

ロードバイクのタイヤとチューブを大苦労して交換したのに、空気を入れようとしたらチューブに穴をあけてしまっていた(/ω\)

こんな悲惨な経験、ありませんか?

 

ロードバイクに乗り始めて、まず最初にぶち当たるメンテナンス上の難関は、このタイヤやチューブの交換作業ではないでしょうか?

ロードタイヤの脱着は、とにかく硬い。ほとんど親の仇のように硬い。そこには、常人を寄せ付けない凛とした硬さがあるんですよね(‘◇’)ゞ

確かに、スピードの出るロードバイクにおいて、命を乗せているタイヤが、走行中に外れたら大変ですよね。なのにロードタイヤは、リム外れを考える上では極めて悪条件となる超高圧で使われるものなんですよね。

だからタイヤメーカーも、意地になって安全性を優先して作ってくるわけで、そこに悲喜こもごもの物語が生まれるわけです。

 

普通の自転車のタイヤの脱着は、それほど難しいものではありません。適当なところにタイヤレバーを掛ければ外れるし、タイヤをはめる時は、工具なども不要なことが大半です。

しかし、その感覚でロードタイヤを扱うと手痛い仕打ちを受けます。この手ごわい相手と格闘するには、原理を良く理解し、練習を繰り返して、はめ方のコツを身に付ける以外に方法はありません。

この記事では、わざわざ超絶級に硬いロードタイヤを選んで買ってきて(苦笑)、それをスパッとリムにはめるまでの一部始終を動画で解説しています。

どうぞ、お楽しみください。

Sponsored Links

ロードタイヤのはめ方のコツ動画

動画だけ見ていただければ、大体のことは分かると思います。なにはともあれ、まず動画をご覧ください。

動画の下には、補足説明や、ロードタイヤの交換時にあると便利な小物などについても紹介していますので、よろしければ最後までお付き合いください。

では、どうぞ!

 

参考のために、動画で使用していた機材を紹介しておきます。

■ タイヤ

  • パナレーサー RaceDevo2
  • 700×23C
  • 耐パンクベルト入り

 

■ チューブ

  • パナレーサー Rエア
  • 700×18-23C
  • 60mm仏式バルブ

 

■ ホイール

  • TECHLITE
  • クリンチャーリム
  • フルカーボン

 

■ タイヤレバー

  • パナレーサー
  • 品番:PTL-KIT
Sponsored Links

動画の補足説明

動画内でも触れていることですが、言葉足らずの部分がありましたので、以下に補足説明をさせていただきます。

 

補足説明その1
ロードタイヤが特に硬いのは、新品を最初にはめる時だけです。

一度使用したものは、ビードワイヤーが伸びているので、かなり楽にはめることができます。

ビードワイヤーは、「ケブラー」などの呼び名で知られるアラミド繊維が使われていますが、使用による伸びがほんのわずかに生じます。

伸びた時に正しい長さになるように設計されているので、すなわち新品の時は短い、イコール、はめにくいということになります。

 

補足説明その2
一般的に、耐パンク性の高いタイヤほど、はめるのは硬くなります。

タイヤが、補強部材でゴワゴワになって動きにくくなるし、タイヤコード部が部厚くなって、ビードワイヤー部にボリュームが出たりするからです。

 

補足説明その3
チューブは、タイヤの中に均等にセットしなくてはなりません。

チューブがタイヤの中でねじれたり、シワが寄ったりすると、その部分ですぐにパンクします。そのために、軽くふくれる程度に空気を入れた状態で作業を行います。

 

補足説明その4
チューブに空気を入れておくことで、ビードとリムとの間の「チューブ噛み」も防ぐことができます。

チューブが噛んだまま高圧を入れると、その部分でタイヤのビードが持ち上げられ、大音響とともにリム外れバーストを起こすので大変危険です。

 

補足説明その5
タイヤレバーは、タイヤをはめる時には、裏向きで使います。

タイヤを外す時を表向きとすれば、タイヤをはめる時は裏向きとなります。タイヤレバーの先端はリムのフランジに引っ掛け、タイヤレバーの裏面でタイヤを持ち上げる形となります。

DSC04209

 

補足説明その6
空気を入れる前に、バルブを引き出します。

バルブ部分のチューブがタイヤに深く押し込まれたまま空気を入れると、チューブのラバーベース横で異常膨張が起こりパンクにつながります。

 

補足説明その7
空気を入れ始める時は、手動のポンプを使って、ゆっくりと入れます。

空気をゆっくり入れることによって、タイヤの内部でチューブが自然な形で膨らみ始めます。また、タイヤ・チューブが正しい位置にセットされたことを確認しながら、空気圧を上げていくことができます。

決してコンプレッサーなどで、いっきに入れてはなりません。

Sponsored Links

あれば便利な小物類

ロードタイヤをはめるのに必要なグッズは、熟練するとタイヤレバー2本だけでオーケーです。でも熟練の域に達するまでは、補足的に以下の小物類を使うと、より簡単に、そして楽しくタイヤ・チューブ交換をすることができます。

 

便利小物その1
ビードワックス

タイヤのビードに塗布して使う、いわゆるビードワックスと呼ばれるものです。
自転車タイヤ用とすれば、シュワルベが『イージーフィット』という商品名で販売しています。

DSC04213

これは効果絶大で、特に最後にビードを入れる時の作業は、劇的に楽になります。あまりにも楽になるので、腕の見せ所がなくなります(笑)

 

中身は液体で、雰囲気的にはシリコンを乳化させたような性状をしています。使い方としては、液を先端のスポンジ部分に染み出させて、タイヤのビードの表と裏に軽く塗っておくだけです。

靴クリームのような構造をしていて、手が汚れることもありません。

DSC04214

 

ビードが滑りやすくなるので、リム外れが起こらないか? ここが気になるところですが、これは大丈夫です。物理的に、【リムのフランジ外径】>【タイヤビードの直径】となっていますので、正しい位置にタイヤがマウントされると、外れることはありません。

イチオシの便利グッズで、初心者の方や女性には、強い味方になってくれそうです。
私も、タイヤ交換頻度が高いほうなの、時々お世話になってます(今回の動画では、使っていません)。

ご参考
イージーフィット(楽天市場での価格)

 

便利小物その2
石鹸水

希釈した石鹸水は、ロードバイク・クロスバイクの掃除以外の用途でも、いろいろと活躍してくれます。

DSC04211

上の写真のものは、カーシャンプーを50倍くらいに(適当ですが^^;)、薄めたものです。

 

タイヤをはめる時の使用法としては、最後のクライマックス時に、リムの側面にワンプッシュ、吹きかけます。それだけで、大きな効果があります。

DSC04218

 

これも、シュワルベのイージーフィットと同じ効果を狙ってのことで、要するに潤滑剤として、石鹸水を利用するということです。

効果はイージーフィットには劣りますが、何と言っても手軽にコストをかけることもなくできるところがマルです。出先であれば、石鹸水でなくとも、ただの水でも潤滑剤としての効果はあります。「ゴム」は「水」があると滑りやすくなる性質がありますが、これを利用するわけですね。

 

便利小物その3
タイヤパウダー

これは、タイヤの内側にチューブがくっつくのを防ぐパウダーです。パナレーサーから、自転車タイヤ専用品が販売されています。

DSC04215

 

タイヤの内側にしっかりとこのパウダーを塗っておくと、内側がスベスベになるため、チューブが正しい位置に納まりやすいし、タイヤレバーを掛ける時にも「滑材」として働いてくれます。

パナレーサーのタイヤパウダーは、専用品だけあって、タイヤに圧力がかかった時には、タイヤとチューブが必要以上にこすれ合わないように作られています。チューブが摩擦で痛むこともなく、安心して使える優れもののパウダーだと思います。

タイヤが新品の時に使うのがいいでしょう。

ご参考
タイヤパウダー(楽天市場での価格)

 

便利小物その4
プッシュオン口金付のポンプ

プッシュオン口金とは、いちいちバルブにアダプターをねじ込まなくても、そのまま使える口金のことです。仏式(フレンチ)バルブへのプッシュオンができる口金が標準装備されているポンプは、空気のちょい入れには、とても重宝します。もちろん、高圧を入れる時にもまったく問題なく使えます。

DSC04222

 

写真はパナレーサーのポンプですが、口金が2ウェイ式(仏式バルブと、米式バルブに対応)なので、自転車のみならず、車やバイクのタイヤにも空気を入れることができるので、かなり便利なものです。

ご参考
ポンプ(アマゾンでの送料込価格)

 

便利小物その5
サイクルグローブ

手が痛くなったり、ケガをした利することを防止するために、保護グローブとして使います。
私の愛用品は、OGK製のものです。

DSC04208

 

軍手は、タイヤに糸くずがついて、ケバケバになるのでNGなのですが、写真のような指付のサイクルグローブは、その点とても優秀です。

Sponsored Links

最後に

先日ふと、「タイヤレバーの使い方を動画で説明すると、わかりやすいかも知れない」と思い付いて、意を決して動画を撮ってみました。

その時の記事はこちらです。
タイヤレバーの使い方動画!ロードバイク初心者必見!

 

記事を作り終わって気付いたんですが、タイヤレバーを使うにあたって、タイヤの外し方だけを解説しても片手落ちだなぁ、と。ロードタイヤを外すためには、「入れる」という作業がなくてはなりませんものね。そして、そこでもタイヤレバーは活躍してくれますので。

私の場合は長年の習性で、ロードタイヤを交換する場合は、

  1. まずタイヤを外して、
  2. しばらくそのままで、
  3. ホイールの整備とかして、
  4. 次にそのホイールを使う直前にタイヤをはめる

という順番に、頭の中がなっちゃうんです。それで、はめ方が後回しになりました。

 

そうこうしていると、ブログの訪問者さんから「ロードタイヤのはめ方も記事にして欲しい!」とリクエストをいただきました。

そうだ、そうですよね(´゚д゚`)!

外すのと、はめるのと、どちらが大変かというと、はめるほうがはるかに大変なのではないでしょうか? 遅ればせながら、このシンプルな事実に気が付いて、今回、再び動画を撮って、記事にすることができました。

北のサーベロさん、ありがとうございました!

 

さて、「動画だけ載せれば、すぐに記事になるや」と安直に考えてやり始めたのですが、書き始めるといつもの悪いクセで、あれもこれもと、脱線と寄り道の連続になってしまい、長い記事になってしまいました。

お読み苦しかったなら、すいません。。。
また、動画撮影日のお天気が悪く、全体に暗い動画になってしまっていることも、お詫び申し上げます。

この記事が多少でも、あなたのロードバイクライフのお役に立つことを願ってやみません。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

記事内容で、わかりにくところがあれば、この下の「コメント記入欄」よりお尋ねください。ご意見・ご感想も大歓迎です。お気軽にお寄せください。

また当ブログ管理人の好きな「のりもの」関係の記事は、トップページ最上段に目次ボタンがあります。よろしければ、そちらから他の記事もどうぞ!

 

↓管理人も加入おすすめNo.1自転車保険↓

あわせて読まれている記事はこちら


Sponsored Links
このエントリーをはてなブックマークに追加

2件のコメント

  • koji.T

    わかりやすい記事をありがとうございます。
    本日タイヤ交換をやってみました。

    チューブに少し空気を入れるとか、タイヤレバーの使い方とか、最後にタイヤを入れるところとか、非常に参考になりました。
    動画がやっぱりいいですね!
    タイヤの進行方向を逆にセットしてしまい、何度かやり直しをしたので、さらにコツみたいのがわかった気がします笑
    「ラベル」だと思っていたのが、それではなくて、アベコベにつけてしまった…。

    ママチャリにも応用ができそうです。ありがとうございました。

    • 管理人

      koji.Tさん、こんにちは。
      コメントいただき、ありがとうございます。

      タイヤ交換、成功したんですね。良かったです~

      動画はシロウト丸出しの稚拙なものでお恥ずかしい限りなんですが、少しでもお役に立ったならば、作った甲斐があって嬉しいです。

      最難関のロードタイヤの交換スキルが身につけば、もうママチャリやクロスバイクのタイヤ交換は楽勝モードになると思います。

      コツが分かれば難しいものではありませんので、ぜひkoji.Tさんもタイヤ交換スペシャリストに^^!

コメントを残す