ブレーキオイルの交換方法!自転車はどうする?

自転車用の油圧式ディスクブレーキですが、普及してきましたね♪

私は3年前から、シマノ製の油圧式ディスクブレーキを使っているのですが、
今回初めて、ブレーキオイルを交換しました。

交換の方法は、自転車もバイクも車も、基本的な手順は同じで、
いくつかのポイントさえ外さなければ、誰でも安全かつ簡単に交換できます。

一見、難しそうに感じるメンテナンスですが、DIYでスキルを習得しておくと、
トラブル発生時の対応力が付き、結局それが安全性につながります。

費用的にも、自分でやれば節減効果の高いメンテナンスですので、
本記事を参考にされて、ブレーキオイル交換のスキルを習得されてください。

例としてシマノ製ディスクブレーキで説明していますが、
どのメーカーでも、同じ手順で実施していただけます。

それでは、スタートです。

Sponsored Links

準備するもの

当たり前のことですが、ブレーキオイルは準備します。
これは、自転車専用品がありますので、メーカーの指定に従います。

私の場合は、シマノ製品ですので、シマノ純正「ミネラルオイル」となります。
大手のショップであれば、普通に販売されています。

中身はこんな感じ。
DSC03474

オイル本体と、取扱い説明書、排出用の樹脂チューブの3点セットです。

 

少し話がそれますが、驚くべきことは、これの価格です。
価格が安いことでは定評がある「ウエムラパーツ」で買ったにもかかわらず、
なんと!1,170円(税別)もしました!

いやはや、オイルやフルード類は化粧品と同じで、いわば「水もの」ですが、
私の中のブレーキオイルの価格基準を、とんでもなく超越しとります(◎_◎;)

というのは、私はバイク(モーターサイクル)もメンテが好きなのですが、
あのシビアな性能が求められる、バイク用ブレーキフルードの10倍以上の価格です。

ガソリンと較べると、150倍以上の価格です(^▽^;)

 

写真左は、ホンダ純正のブレーキフルードですが、500ml入りで、1,081円です。
対するシマノ製は、その1/10の容量の50mlで、1,170円です。
DSC03476

 

成分といえば、バイク用は「ポリエチレングリコールモノエーテル」という、
高沸点のハイテクフルードですが、シマノ製は「鉱物油」です。

えっ?鉱物油って、要するにミシン油じゃないの・・・?
なんてことは、ないと思いますが。。。

 

すいません、ぼやいてしまって(笑)
それくらいの価値がある、すんばらしいオイルだってことを言いたかっただけです^^

Sponsored Links

必要な工具類

工具類としては、シマノ製の場合、以下の4点があればオーケーです。

  1. 4mmアーレンキー(六角レンチ)
  2. プラスドライバー
  3. 7mmのソケットと、ラチェットレンチ
  4. 7mmのスパナ

DSC03495

7mmというサイズが、少し特殊ですので、手持ち工具の確認の必要があります。

3のソケットとラチェットレンチは、無くても作業はできますが、
できれば、揃えておきたいツールです。理由は後述します。

 

上記以外では、抜いたブレーキオイルを受ける、袋か容器を準備します。
DSC03481

私は、ちょうど適当な大きさの洗ビンがあったので、それを使いました。
ここは、ビニール袋などをホースにしばりつけておいても大丈夫です。

 

ホイールを外して作業すると、ローターにオイルなどが付かずに具合がいいのですが、
ホイールを外すとすれば、スペーサーが必ず必要になります。
DSC03480

スペーサーは、ブレーキシステムに付属しているはずです。
(右の黄色いスペーサーは、ブレーキパッド交換時用です)

 

あとは、メンテナンススタンドや、ハンドルを固定するヒモなどがあれば便利です。
DSC03496

Sponsored Links

ブレーキオイル交換方法

では、実際に行う作業手順を、写真中心で説明します。

 

1.ホイールを外し、ローターの入るすき間にスペーサーをかます。

DSC03492

これを入れないままで、ブレーキレバーを握ると、ピストンが飛び出して、
厄介なことになりますので、ご注意ください。

 

 

2.ハンドルを固定し、リザーバータンクを、地面と水平にする。

DSC03498

ブレーキレバーのブラケット部分のボルトを緩め、全体を持ち上げて
地面と水平にします。

 

 

3.リザーバータンクのふたと、ふたとセットになっているダイヤフラムを外す。

DSC03502

 

ふた一式を外すと、タンクの中のブレーキオイルが見えます。
無色透明で、まったく汚れていませんが、まあここまできたら交換します(^^;

DSC03504

 

 

4.ブリードニップルに被せられている、ダストキャップを外す。

DSC03524-crop

キャリパー側の操作となります。

汚れ防止のために付けられている、小さなゴムキャップです。
スパナを掛けるのに邪魔になりますので、外してしまいましょう。

 

 

5.ブリードニップルを少し緩めてまた軽く締め、ホースを差し込む。

DSC03500

ブリードニップルは、きつく締まっているので、小さなスパナでは緩められないか、
あるいはニップルのカドをなめてしまう可能性があります。
ここは、力を入れることができるラチェットレンチを使いたいところです。

ブレーキオイルに付属のホースは、ブリードニップルにピッタリのサイズですので、
押し込むだけで、落ちることはありません。

 

 

6.ブレーキレバーを、数回シュコシュコと握り、かたくなったところで軽く握っておく。

DSC03506

ここからいよいよ、交換作業はヤマ場を迎えます。
右手(片手)でブレーキレバーを握ったまま、左手(もう一方の手)で次の7項の作業を行います。

 

 

7.レバーを軽く握った状態で、スパナでブリードニップルを少しだけ緩める。

DSC03507

ブリードニップルが緩んだ瞬間に、ブレーキレバーがスコンと動き、
ワンストローク分のブレーキオイルが、ホースのほうに抜けてきます。

 

 

8.レバーを握りきったところで、素早くブリードニップルを締める。

DSC03509

右手のレバーは握ったままで、左手に持ったスパナで、ブリードニップルを締めます。
ここでは、それほど力を入れて締める必要はありません。

 

 

9.リザーバータンクのブレーキオイルを補充する

DSC03512

DSC03513

下から排出された分だけ、リザーバータンクの油面が下がるので、
その分のブレーキオイルを、リザーバータンクに補充します。

色が赤いので、きれいですね♪

 

 

10.上記の6から9を繰り返す

ブレーキオイルの交換の理屈はいたってシンプルで、

  • 上(リザーバータンク)から入れて
  • 下(ブリードバルブ)から抜く

これだけのことです。

Sponsored Links

 

11.何度か繰り返すと、下から抜けてくるオイルが赤くなってくる。

DSC03517

この時点で、ほぼブレーキライン中のブレーキオイルが入れ替わったと考えていいです。

今回は、ブレーキオイルの色の変化で、入れ替わったことが分かりましたが、
ブレーキオイルが無色の場合は、メーカーの定める規定量をつぎ込むようにします。

 

 

12.リザーバータンクに、めいっぱいブレーキオイルを入れる。

DSC03518

基本的な考え方として、リザーバータンク内には、ぎっしりとブレーキオイルを詰めます。
車やバイクのように、油面の上限を示す線はありません。

 

 

13.ブレーキオイルをあふれさせながら、ダイヤフラムを乗せる。

DSC03521

自転車用のブレーキオイルは、車用やバイク用とは違い、
塗装面などを腐食させることはない、とのことです。
ですので、ジャブジャブあふれさせても大丈夫です。

 

 

14.ふたを乗せて、ネジで固定する。

DSC03522

この時にまたブレーキオイルがあふれ出しますが、
気にせずに取り付けてしまいます。

 

 

15.ホースを抜き、ブリードニップルをしっかり締める

DSC03499

ブリードニップルですが、これは緩むと大変です。
ブレーキオイルが漏れて、ブレーキがすっこ抜けます。

この部分の、シマノの推奨する締め付けトルクは、4-6N・mですが、
これはネジ径に対しては、かなり大きなトルクだと言うことができます。

ラチェットレンチなどの力のかけれる工具を使って、しっかり締めます。

 

 

16.ブリードニップルの中に残っているオイルを吹き飛ばし、キャップを付ける

DSC03541

ブリードニップルの中に残っているブレーキオイルや、キャリパー周辺についたオイルを
パーツクリーナーなどを使って、吹き飛ばしておきます。

以上で、作業は完了です。

後輪側もまったく同じ手順で、ブレーキオイルの交換を行います。

Sponsored Links

押さえるべきポイント

全体の交換作業を通じて、大切なポイントを整理しておきます。

大切なポイントは、ひとことで言うとエアを噛まさないことですが、
そのために押さえるべきポイントは、以下の3点です。

 

ブレーキライン内にエアを吸わせない

これがもっとも重要なポイントです。
ブレーキラインにエアが入ると、ブレーキのタッチが、
スポンジ―(フワフワした感じ)になって、ブレーキ性能がカタ落ちします。

エアが入り込む入口(ポート)は、たったひとつしかありません。
下の写真の、矢印の部分がポートです。

DSC03530

ポートからエアを吸わないように、常にリザーバータンクにブレーキオイルが半分以上、
満たされている状態を保つようにしましょう。

 

ブリードバルブは、開けっ放しにしない

ブリードバルブを開けっ放しにすると、ここから気泡がブレーキラインに
侵入してしまいます。

ブレーキラインに圧力をかけた状態で、ブリードバルブを一瞬緩め、
ブレーキオイルを押し出した次の瞬間には、素早く締めます。

この「瞬間!開け閉め作業」をマスターしましょう。

 

リザーバタンク内にエアを残さない

これは自転車のディスクブレーキだけの特徴と言える部分です。

リザーバータンク内に空気だまりがあると、自転車を横にしたり、倒立させた時に、
ブレーキラインにエアが入り込む可能性が出てきます。

一旦、ブレーキラインに入り込んだエアを抜くのは、かなり手間ですので、
ダイヤフラムを取り付ける時は、ブレーキオイルをケチらずに、満タンにしておき、
ダイナミックにあふれさせましょう。

 

上記3点さえ注意して、エアの侵入を許さないようにすれば、
快適なタッチは損なわれません。

Sponsored Links

さいごに

ブレーキオイルの交換作業は決して難しいものではなく、
時間的には、準備や後片付けを含めても1時間もあればじゅうぶんです。

交換時期については、特に指定はありませんが、常識的に考えて、
3年に1度くらいが望ましいのではないでしょうか。

自転車の場合は、車やバイクに較べると、キャリパーの発熱は少ないので、
ブレーキオイルの劣化も遅いはずです。
実際は、もっと交換時期を伸ばしても大丈夫なのかもしれません。

 

私のようなメンテ好きにとっては、ディスクブレーキの状態のチェックも兼ねて、
楽しみながら行うことができる作業なので、交換後の満足感は高いです。

いや、この満足感がすべてかも知れません(笑)
だって、ブレーキの効き味は、交換前後で同じですから。

ちなみに、使用したブレーキオイルの量はわずかで、ボトルの約半分でした。
交換費用は、オイル代の実費として、500円くらいでしょうか。

DSC03540

 

ディスクブレーキにおけるブレーキオイルは、単に圧力の伝達をするだけのもので、
ブレーキシステムの内部で循環はしません。劣化するのはキャリパー内のオイルだけです。
ここだけを交換するだけなら、さらにブレーキオイルが節約できるかも。

何といっても、シマノのミネラルオイルは超高級オイルですからね^^

残ったブレーキオイルを大切に保管して、
次回は、また3年後に作業を楽しみたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

記事内容で、わかりにくところがあれば、この下の「コメント記入欄」よりお尋ねください。ご意見・ご感想も大歓迎です。お気軽にお寄せください。

また当ブログ管理人の好きな「のりもの」関係の記事は、トップページ最上段に目次ボタンがあります。よろしければ、そちらから他の記事もどうぞ!

 

↓管理人も加入おすすめNo.1自転車保険↓

あわせて読まれている記事はこちら


Sponsored Links
このエントリーをはてなブックマークに追加

4件のコメント

  • タクマ

    初めまして、ディスクブレーキの補修部品の画像を探して居たら、この記事にたどり着きました。
    タクマと言います。

    自分の使ってるブレーキはシマノの片落ちのDeole LX(ST-M 585&BR-M 585)なのですが、ミネラルオイル高いですよね・・・。

    片落ちで保証も無いので自己責任でジャッキのミシン油を使ってるけど、別に問題は無いですね。

    本当にその金額の差は何だと言いたいですね。

    精油業者から買っている分のマージンを上乗せしているのでしょうが・・・。

    因みに、別件のパッド交換の記事でローターの厚みを計っていましたよね?シマノの場合は厚さ2.0㎜で1.5㎜になったら交換となっています。

    既に知っているかもしれませんがその場合はお許し下さい。

    • 管理人

      タクマさん、こんにちは。
      コメントいただきありがとうございます。
      (コメントがすぐに表示されず、ご迷惑をおかけしてすいませんでしたm(__)m)

      ミネラルオイルは、「ブランド料」がたくさん入ってるんでしょうね(^^;
      ジャッキのミシン油で問題がないことは、とても納得できます。

      自転車のブレーキオイルの場合、樹脂やゴムパーツを侵さないオイルであれば、
      何でもいいような気がします。

      個人的には、ATF(オートマチックトランスミッションフルード)が、
      一番適しているのではないかと思ってます。
      色も、同じ赤ですしね。一度挑戦してみますね♪

      ローターの厚みの件は、規格を教えていただき、ありがとうございます。
      分かってませんでした(^▽^;)
      私のローター、前後とも寿命を迎えてますね(汗)
      交換したら、また記事にしようと思います。

      いろいろと、ご意見いただき、ありがとうございます。
      他の記事でも、お気付きがあれば、せひ、また教えてください!

  • トシ

    同じオイルが1Lボトルで1500~1700円程度なのでオイル自体が物凄い高いわけでは無いかと思います。

    • 管理人

      トシさん、こんにちは。
      コメントいただきありがとうございます。

      >同じオイルが1Lボトルで1500~1700円程度なので
      確かに、そういうことですよね。

      オイルが多くても少なくても、包装や出荷には一定の費用がかかるわけですから、容量の小さいものは相対的に高くなってしまうんですね。

      貴重なご意見をいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

1件のトラックバック

  • ブレーキオイルの交換方法!自転車はどうする? | 彩 on your world | 最新ニュース
    2015年4月23日 5:37 AM

    […] るブレーキオイルは、単に圧力の伝達をするだけのもので、 ブレーキシステムの内部で循環はしません。 [紹介元] ブレーキオイルの交換方法!自転車はどうする? | 彩 on your world […]

コメントを残す