車買取専門店との交渉方法!車を相場より高く売るには?

車を乗り換える際の最大の悩みは、いかにして
今の車を相場より高く売るか、ですよね。

私が過去に、車買取専門店に車を売った経験から、
少しでも高く、そして、安心かつ納得できる方法について、
ここでシェアしたいと思います。

他のサイトでは、触れられていない内容となっていますが、
必ずや、あなたの愛車の売却時の参考になるはずです!

では、スタートです。

Sponsored Links

なぜ車買取専門店に売ったか?

車を一番高く売る方法は、個人売買ですが、
これは手間が半端ではないです。

近くに住む知人などに、買ってもらうならば
何とかなりますが、ヤフオクなどのオークションで売ることは
絶対に避けたほうがいい
です。

 

ヤフオクで車を販売されているのは、大半がプロの業者さんです。
一見、シロウトみたいな雰囲気なんですが(-_-メ)

個人でのオークションによる売却は、
名義変更や、売った後のクレームなどの事を考えると
ちょっと対応できる枠を超えるからです。

北海道の人の車が、沖縄で売れたらどうします?
ってな物理的な困難も、山のように・・・

 

楽に車を手放すことだけを考えると、次の車を購入する販売店で
下取りしてもらうのがいいのですが、ご存知の通り、
これがもっとも損をする売り方となります。

 

となると、私のような一般人が、短時間で安心確実に
車を売る方法は、ガリバーなどに代表される
車買取の専門店しかないんですよね。

車買取の専門店でも、決してウハウハの価格では
買い取ってくれませんが、
トータルでの手間暇を考えると、納得できる
ことも事実です。

 

ということで、私は今までに、車5台、バイク2台を
いずれも買取専門店で売ってきました。

その経験のなかから得た、少しでも楽して高く売る方法を
事項から順を追って説明していきます。

Sponsored Links

最初に結論!

いきなりですが、結論を先に紹介します。

それは、

人間的に信頼できる査定士さんに売る

ということです。

 

「え? 査定士さんに、価格決定の権限ってあるの?」
と思われたあなたは、鋭い!

実は、1人では、よう決めはりません(--〆)

当然ですが、査定士さんの背後には、その上司もいれば、
会社の方針もあります。
だから、査定士さんは、パイプ役なわけです。

 

でも、
査定士さんに、彼の所属する上部組織から、
高い売値を引っ張り出してきてもらおうとすると、

その査定士さんと信頼関係を作るのが、最良の方法
だった!

これが、私の得た結論です。

 

世間で云々される、テクニックや駆け引きではなく、つまるところ
人間関係の基本的な部分で決着がつく!
という思いでいます。

では、なぜそのような部分を重視するに至ったのかを
もう少し詳しく説明します。

Sponsored Links

買取価格は業者オークションの相場で決まる

まず、基本中の基本ですが、車買取の価格というのは、
業者専用の中古車オークションでの相場で決まります。

これはヤフオクなどとは違い、
資格のある業者だけでおこなわれているオークションです。

どの車買取専門店であろうが、ディーラーであろうが、
個別車種専門店であろうが、この基本は変わりません。

 

個人から車を買い取る場合、この業者オークションの相場より
大幅に高く買い取ることなどありえないのです。

そんなことするくらいなら、業者自ら、オークションで落札したほうが
彼らにしても、ずっと楽なわけですから。

 

となると、今売ろうとしている車の、
業者オークションの相場とはいくらなのか?

その相場を、ベースとなる数字として正しく把握し、
その相場価格からどれだけ上乗せしてもらえるか?
が交渉のポイントとなってくるわけです。

 

だから信頼できる査定士さんに売る

手練手管を弄する査定士さんは、このあたりの相場を明確にしてくれず、
買い叩くことから交渉がスタートします。

また、どうしても買取実績をあげたい査定士さんになると、
強引かつ巧みに、相場以下の金額に固執し
しつこく食い下がってきます。

あれは、バイクの時だったっけ・・・
家から帰ってくれなくて、往生したこともありました(-_-メ)

一旦、こうなると、
こちらから心を開こうとしても、肚の探り合いのようになってしまって、
うまくいきません。

 

一方、
良い査定士さんは、こちらの思いや疑問に対して耳を傾け、
こちらの身になって相談に乗ってくれます。

このような査定士さんと、お互いの信頼関係ができてくると、
相場に対する正しい知識や、業界の構造などについて
ちゃんと話をしてくれるようになります。

すると、だいたいの金額も見えてきます。

 

少ない上乗せ幅のなかで、少しでも高く買い取ってもらうには、
査定士さん相手に張り合うのではなく、

査定士さんと一緒になって、その買取店から高い金額を引き出す

という戦法が、いちばん理に適っている。
よって、査定士さん選びが重要なのです。

Sponsored Links

具体的な進めかた

ここからは、実際に私がやってきた方法を、
具体的に紹介します。

あくまで、私なりのやり方ですが、参考になると思います。

全体の流れは、次のようになります。

  1. ネットから無料一括査定を申し込む
  2. 車買取専門店を3社に絞る
  3. 査定をしに来てもらう
  4. 売りたい買取専門店(査定士)を決定する
  5. 価格交渉する

となります。

では、この項目について、もう少し説明を加えます。

 

1. ネットから無料一括査定を申し込む

まずは、ここからがスタートです。

「車買取 一括査定」で検索すると、買取店が大手からズラッと出てきます。
どこを選んでも大差ないと思います。

カーセンサーNetでは、高く売る方法を解説してくれてます。
ズパット車買取比較は、車買取業者詳細へのリンクが付いています。
まず、このようなところから、少しずつ知識を仕入れておきます。

 

さて、実際に申し込みを行う前に、次の項目にある絞り込み作業を行います。

Sponsored Links

2. 車買取専門店を3社に絞る

一括査定を申し込む前に、上記の一括査定申し込みサイトから
車買取専門店を、ある程度、絞っておくことは重要です。

ネットで自分の車種情報を記入して、一括査定を申し込むと、
その直後から、車買取専門店から、
怒涛のごとく電話がかかってきます( ̄▽ ̄)

 

全部の買取店に査定をしてもらうと、
査定や見積もりで、1社あたり最低1時間は必要なので、
こちらが、とんでもなく大変です。

上限としても、3社までに絞っておきます。

 

どこの車買取専門店から電話があるのかは、
あなたのお住まいの地域によって、多少、異なります。

ある程度のところは、上記のサイト群から分りますし、全国規模で
展開している大手の業者は、確実に電話をかけてくるので、
そういうところに目星をつけておきます。

 

車買取専門店

 

次に、
車買取専門店の絞り方ですが、お持ちの車によって変わります。
車買取専門店の得意とする車種カテゴリーがあるからです。

売りたい車に強い車買取専門店を見つけておきます。
車買取専門店のホームページをみたり、口コミをさがしたり
してみると、それとなく雰囲気が分かります。

 

たとえば、
ガリバーは、コンパクトカー、軽四輪に強かったり、
カーチスは、大衆的な輸入車に強かったりします。
外車の場合は、外車王などの専門店もあります。

分かりにくければ、
よく名前を聞く大手の買取店がいいと思います。

 

大手の車買取専門店は、単にオークションで売りさばくだけでなく、
自社で、直営の販売展示場を持っていて
そこでの販売活動も行っています。

ガリバーやハナテンなどがそうですね。

状態の良い車であれば、オークションの相場で売るより、
直接自社で展示販売したほうが、当然多くの利益を出せます。

すなわち、買取価格を上げても、オッケーなわけです。

 

電話がかかり始めると、この絞り込んだ車買取専門店を中心に
査定日時の調整をして、あとのところはお断りしましょう。

Sponsored Links

3. 査定をしに来てもらう

絞った3社の査定の日時ですが、
私は別々にしたほうがいいと思います。

以前、同時に集めたことがあったのですが、
査定士同士の肚の探り合いになって、非常に険悪な雰囲気に
なったことがありました。

こうなると、査定士さん一人一人と、ちゃんと話せなくなります。
時間も4時間近くかかって、難儀しました。

個別に査定に来てもらって、査定士さんの人物を見極めることを
中心にして、話をしたほうが得策です。

 

最初は、その時点での
自分の車の正確な相場を聞き出すことをします。

以前、口頭でとんでもなく低い額が提示されたことがありましたが、
そのような場合は、即、お引き取り願いましょう。

信頼のおける査定士さんならば、スマホやタブレットの画面で、
実際に業者オークションで売られている、自分と同じ車の相場を
ちゃんと見せてくれます。

 

また、自分のクルマの状態について、できるだけ詳しく説明します。
それが査定士さんの自分への信頼にもつながります。

事故歴や補修歴は、誤魔化そうとしても、必ず見抜かれますので、
正直にすべて説明します。

もちろん、セールスポイントもしっかりPRします。

 

査定士さんは、必ずこちらの希望売却価格を聞いてきます。

この時点では、ノーアンサーとし、それよりも
相場からどれくらい上乗せが出来そうなのか?
を、しっかりと聞いておきます。

 

やり取りが終わると、おおまかな範囲で価格が提示される
こともありますし、されないこともあります。

この時点では、つっこんで価格交渉はせずに
「また、連絡させてもらいます」と告げて、
一旦、帰ってもらいます。

Sponsored Links

4. 売りたい買取専門店(査定士)を決定する

すべての査定が終わると、いちばん信頼ができて、
自分とも相性の良さそうな査定士さんを選び出します。


1人(1社)に狙いを定めて、徹底的に話し合う

のが、上策です。

 

すべての車買取専門店を天秤に掛けて、
競い合わせることは、おすすめできません。

みんな、疲れますし、後味も悪くなるからです(ノД`)・゜・。

 

5. 価格交渉する

いよいよ、最終段階です。

この最終の交渉に至るまでに、

  • 実 印
  • 印鑑証明書

の2点を準備しておきます。

すなわち、こちらも背水の陣で交渉に臨む姿勢を示すと同時に、
相手にも、よい価格を出す覚悟を持ってもらうためです。

 

交渉では、具体的にはっきりとこちらの希望する
数字を示していきます。

私はだいたい、ここで相場価格の30%増しでの
買取をお願いしています。

 

この30%増しでも、本来、自分が思う希望価格からは
かなり低くなってしまうのですが、
途方もない数字をだして、それにこだわると、決裂するだけです。

両者が、交渉の土俵に乗れるのが、
この+30%というラインであると思います。

 

査定士さんには、次の事を伝えます。

  • あなたという人間を信頼している
  • ぜひ、あなたに買い取ってもらいたい
  • だから、包み隠しのない話し合いをしよう
  • 私の立場になって会社と交渉してほしい
  • 希望金額が出れば、この場ですぐに車を引き渡す

 

価格交渉が大詰めになると、査定士さんは何度も会社に電話して、
確認作業を行うことになります。
ここは、粘りどころなので、懲りずに何度も電話してもらいましょう。

最終的に、どこで決着するかは、車の状態もありますが、それ以上に、
どこまでしっかりと査定士さんと肚を割り合うことができるか
で決まるような気がします。

そして、こうして決めた買取金額は、自分でも納得ができるし、
後味も良いものとなります。

Sponsored Links

おわりに

お疲れ様でした。

車を高く売るということは、それなりに疲れるものです。

同じ疲れるならば、不毛な駆け引きで疲れるよりも、
しっかりした話合いで疲れたほうが、よほど精神衛生上よろしいです。

 

私の場合ですが、前回、車を売却した時に、
徹底的に肚を割って話すことのできる査定士さんを見つけましたので、
その次の売却時にも、その人を指名しました。

向こうもこちらを、よく覚えてくれていました。
ひとしきり車談義に花が咲いたあと、こちらの希望を
ほぼ受け入れてくれる形で、高値で買い取って
もらいました。

このようになると、疲れるどころか、たいへん気持ちよく
愛車を手放すことができるのです。

 

私たちは人間です。
感情や欲得のある、やっかいな生き物です。

ならば、これらをうまくコントロールして、
人間の本質に従った手段を選択したほうが、
幸せになれます。

そのような観点から、車の売却も考えましょう。

ご参考になれば幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

記事内容で、わかりにくところがあれば、この下の「コメント記入欄」よりお尋ねください。ご意見・ご感想も大歓迎です。お気軽にお寄せください。

また当ブログ管理人の好きな「のりもの」関係の記事は、トップページ最上段に目次ボタンがあります。よろしければ、そちらから他の記事もどうぞ!

 

↓管理人も加入おすすめNo.1自転車保険↓

あわせて読まれている記事はこちら


Sponsored Links
このエントリーをはてなブックマークに追加

4件のコメント

  • リキマル

    こんばんは、四輪の場合ガレージがあればナンバーをはずしてしまっておくのが良いと思います。たまにエンジンをかけたりして、そのうちまた使いたくなるかもしれません。車種にもよりますが、ロータスとかケーターハムとか、そんなのめったにないか、とにかく手放すのはもったいないですね。
    2輪は何台も売りましたが、さい近売ったのはヤフオクです。近所のバイクやさんは8万を付けてくれました。大型店では4万(大型店は足下をみますね)オークションでは皆さんに上げて頂いて、14万になりました。ナンバー返却に初めて陸自支局へ行ったら、軽は裏の建物ですと言われ、そちらで返却し譲渡証明など貰って来ました。
    かげさんとほとんど同じですが、結論から言うと知っている人に査定してもらわないとだめですね。それからその車の価値を調べておきましょう。中古車は下取りでマージンを取り、販売でまたマージンを取る訳です。新車より儲かると思います。

    • 管理人

      リキマルさん、こんにちは。

      コレクターズアイテムのクルマを、公道を走れない状態で保管するのは、究極の道楽ですよね。
      私の場合は、「走らせてナンボ」と考えていますので、やはり生きてる状態で持ちたいです。

      バイクの買取は、業者さんによってその対応は千差万別ですね。高く売るにはそれなりのテクニックが必要になってきます。
      あまり品のいい話ではないので、記事にするつもりはありませんが。

      クルマは、法的な手続きが全てできるなら、個人売買がお得。でも、手間を考えると。。。
      信頼のできる業者の、しっかりした査定士さんに引き取ってもらうのが、やっぱりベストだと思います。

  • リキマル

    こんばんは、昔は4輪ですが、自分の車として2台づつ所有していたのですが、例えば300ZXとランエボ、もうちょっと過去に行けばRX7とMR2(AW11の方)でも2台は乗りきれないですね。片方は税金を納めているだけになってしまいます。(月一位は動きますが)
    それでしまっておけば良いと思い‥。でも青空だと車が傷みます‥ ガレージがあればと思った訳です。今とっておけば良かったな~と思っているのはアクセラのマツダスピードその後
    何台も替えましたが、完成度の高さに気づかされました、FFでよくもここまでと

    • 管理人

      リキマルさん、こんにちは。

      うわー、すごいクルマばかり乗ってこられたんですね!

      クルマやバイクは、だいたいは売ってしまってから後悔するものですね。。。
      私も、惜しいことをしたと思われるタマは、数台あります。

      アクセラの件は、とても納得できます。
      ファミリアスポーツの頃から、マツダのFF車は、一線を画していたと思います。

コメントを残す