出雲の歴史が満載の古代出雲歴史博物館を攻略!

神話時代から連綿と続く、出雲地方のミステリアスな歴史。
その歴史を学ぶには、古代出雲歴史博物館は、外せないスポットです。

展示品などの詳しい内容は、オフィシャルサイトに任せるとして、
ここではこの素晴らしい歴史博物館の攻略方法について、
紹介してみたいと思います。

 

アクセス

出雲大社の、東となりです。
下の画像でご確認ください。
島根県立古代出雲歴史博物館
(これは、入館するともらえるパンフレットのスキャン画像です(^^ゞ)

まず驚いたことは、とにかく敷地も博物館の建物も広いことです。
上の空からの写真を見ると、出雲大社の境内の広さと同じくらいありますね(◎_◎;)

 

出雲大社でのお参りの最後は、本殿前のお守り販売所になると思います。
そこから東に向いて歩いていくと、
帰り道として、ここに寄っていくことができます。

社家通りという小径を通って行くことになりますが、
ここは風情のある通りで、ちょっとしたタイムスリップを味わえます。
DSC02205

 

社家通りを右に曲がってしばらくいくと、広大な古代出雲歴史博物館の敷地と、
その奥にある博物館の建物が見えてきます。
DSC02206

 

出雲大社のお参りで歩き疲れているところに、さらにかなり歩くことに
なりますが、それだけの価値はありますので、頑張りましょう( ̄▽ ̄)

敷地内の道(風土記の道)には、ちょっとした仕掛けがしてあります。
ここでは、種明かしはしませんので、現地で調べてみてください。

Sponsored Links

駐車場

もちろん、あります。
敷地が広いので、駐車場も広いです。
244台も、停めることができて、無料です。

出雲大社参拝の前に、ここで勉強していくのも、
出雲の歴史の理解が深まり、価値が倍増するのでいいと思います。

 

出雲大社周辺の無料駐車場では、
外苑駐車場(385台)と、神門通り広場駐車場(89台)から
車が埋まっていくようなので、ここの駐車場や、おとなりの
みせん広場駐車場(111台)は、停めやすさの点からも、ねらい目だと思います。

 

少し話がそれますが、
ここの駐車場で、レンタサイクル(電動自転車もあり)
することができます。

公共交通機関を利用して、出雲大社まで来た人には、
レンタサイクルは、嬉しいサービスではないでしょうか。

自転車ならば、
旧大社駅や吉兆館、稲佐の浜などに、すんなり行けます(*^^)v

 

入場料

常設展だけの入場料と、特別展示室を含めた少し高い入場料とがあります。

常設展だけで十分に見ごたえがあるので、
特別展示室はよほど興味がある内容でない限り、パスしていいと思います。

常設展の入場料は、以下です。

  • 一 般 → 600円
  • 大学生 → 400円
  • 小中高生→ 200円

もし、JAFカードを持っていれば、団体料金(20%引き)
入場することができます。
JAFに入会しているならば、JAFカードを忘れずに持っていきましょう。

Sponsored Links

館内の回り方

さて、いよいよ館内です。
館内の構造は、下の画像のようになっています。

クリックで拡大します(画像を閉じる時は、枠外をクリック)。
古代出雲歴史博物館
(これも、パンフレットのスキャン画像です)

順路は、中央ロビーから左になっていますが、
私は、向かって右側の「神話回廊」から先に行くことをおすすめします。

 

その理由は、ふたつあります。
最初の理由は、神話回廊では、ゆっくりと座ることができるからです。

出雲大社の参拝を先に済ませたとすると、
ここに到着した時点で、かなり歩き疲れているはずです。
そのまま展示室に入ると、さらに数十分はウロウロすることになります。

その点、
神話回廊は、神話探索コーナーのパソコンで神話探索をするか、
または、神話シアターで映像を見るか、になります。

どちらも、座ってゆっくりとできるので、体力を回復させることが
できるのです。

 

次の理由は、ここで、見学に先立ち、知識を仕入れることができることです。
おすすめは、神話シアターでミニ映画を、まず一本見ることです。

上演作品は、

  1. スサノヲ神話
  2. オオクニヌシ神話
  3. 風土記神話
  4. 中世のヲロチ神話

の4本です。

上演時間は、どれも20分で、各30分毎に1本が上演されます。
出雲地方にまつわる神話や伝承を、アニメやCG映像で、
わかりやすく解説してくれるので、知識を深めることができます。

 

神話探索コーナーのパソコンでも、希望のビデオを自分で選んで
見ることができるので、時間に余裕があれば、これを見てもいいです。

見終ったころには、足の疲れも少し回復しますので、
それから、テーマ別展示室と総合展示室に向かいます。

 

こちらの内容は、私が下手な説明をするよりも、古代出雲歴史博物館の
オフィシャルサイトを始め、素晴らしいサイトがたくさんあります。

「古代出雲歴史博物館」で検索されてみてください。

 

この博物館の嬉しいところは、
館内での撮影が自由但しフラッシュは禁止)なことです。
私も、動画をたくさん撮りました。

ここに全部のせると、退屈かつネタバレになって面白くないと思いますので、
展示のハイライトである、昔の出雲大社の再現模型の部分だけを、
紹介しておきます。

再生時間は30秒です。

(手ブレは、ご容赦くださいm(__)m)

平安時代の出雲大社の本殿って、天空の城だったんですね(◎_◎)
これには、かなり感動します。
1/10の模型のリアルさも、見ごたえあります。

 

これ以外に、私が「すごい!」と感じたのは、
あり得ないくらい大量の、青銅器群です。

なんと、青銅の剣は358本!!
立派な銅鐸(青銅製の鐘です)は、39個も展示されてます。

ぜひ、あなた自身の目でご覧になってください。
歴史好きには、嬉しくてたまらない展示内容になってます。

Sponsored Links

展示を見終った後のおすすめ

展示室の見学にかかる所要時間は、
ササッと回っても30分はかかります。

テーマ別展示室と総合展示室にも、
ボタンを押すと再生する5分ほどの説明動画があり、
これをゆっくり見て回ると、2時間くらいはかかると思います。

 

ということで、見終ると再び疲れます(´▽`*)

次の目的地に移動する前に、博物館2階にある、
ミュージアムカフェで、一服しましょう。

ここは、180度パノラマの展望カフェになっていて、
無駄に広い(笑)古代出雲歴史博物館の緑の庭や、
神々が宿っているとされる、出雲の山々を見ることができます。

 

また、展望だけなら、3階に展望テラスがあります。

私が行ったときは、あいにく雨が降ってきて写真は撮ってないのですが、
ここに登ると、謎だった道の模様もわかるはずです。

 

最後に

お疲れ様でした。
これで、古代出雲歴史博物館ツアーは終了です。

出雲大社の参拝と、その歴史とは、セットで堪能してこそ、
価値があがろうというものです。

なので、
ここは絶対に押さえたいポイントとしておすすめします。
出雲大社に行く前に、見ておくと、なお良いと思います。
(私は、後から行ったのですが(^^ゞ)

以上、あなたの、出雲大社ツアーのお役に立てていただければ幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

記事内容で、わかりにくところがあれば、この下の「コメント記入欄」よりお尋ねください。ご意見・ご感想も大歓迎です。お気軽にお寄せください。

また当ブログ管理人の好きな「のりもの」関係の記事は、トップページ最上段に目次ボタンがあります。よろしければ、そちらから他の記事もどうぞ!

 

↓管理人も加入おすすめNo.1自転車保険↓

あわせて読まれている記事はこちら


Sponsored Links
このエントリーをはてなブックマークに追加

6件のコメント

  • 植木

    来週の3連休に出雲大社周辺の観光に行くので大変参考になりました。

    • 管理人

      植木さん、こんにちは。
      コメントいただき、ありがとうございます。
      記事が少しでもお役に立てて、嬉しいです(^.^)/

      出雲大社周辺は、とても癒される雰囲気のある良いところで、私も大好きです。
      季節柄、寒さにはご留意され観光を楽しまれてください。
      良い旅になることをお祈りしております^^

  • つれduれ旅

    今度の連休明けに、車で、出雲・松江・足立美術館を見て回る計画を立てております。名古屋からの老夫婦での旅ですので、4泊5日を予定し宿も確保しております。旅行本なども購入し読んでみましたが、駐車場の状況や観光(見学)所要時間がわからず一抹の不安がありました。
    そんな中、痒いところに手が届く記事に出会い、大いにに参考になりました。ほとんどのページをコピーさせていただき、google mapの情報と併せて最強の旅行本が出来上がりました。ありがとうございました。

    • 管理人

      つれづれ旅さん、こんにちは。
      コメントいただき、ありがとうございます。

      うわ~、マイカーで奥様と4泊5日のご旅行、いいですね♪

      出雲は、なんというか、日本人としてのDNAが癒されるような場所で、一度ならず何度でも訪れたくなります。

      その感動が大きかったので記事にしたのですが、少しでもづれづれ旅さんのお役に立てれば、それ以上の喜びはありません。

      どうぞ安全運転で、ゆったりと旅を楽しまれてください。良いご旅行になることを心よりお祈りしております!

  • つれづれ旅

    なまえのスペルを間違えました。

    • 管理人

      了解いたしました(^_-)v

コメントを残す