ギネス記録とギネスビール!物語はこうして作られた!

今や世界中で知らない人はいないと思われる「ギネス記録」。

なぜこの世界一の記録に「ギネス」という言葉がつくのか、
疑問に思ったことはありませんか?

一体、ギネスって何?

 

実はそこには、素晴らしい物語が潜んでいるんですよ!

ビジネスを進める上でも、良い視点が得られる物語ですので、
その内容を、ここで紹介したいと思います。

豊かな発想を実現するための、ひとつの知識として、
読んでいただければ嬉しいです。

Sponsored Links

ギネス記録の名前の由来は?

ギネス記録の「ギネス」は、ビール(ビール会社)の名前です。

アイルランドに数あるビール醸造所のひとつ、ギネス社が生産販売している、
黒ビールの「ギネス」が、ギネス記録という名前のルーツなのです。

 

アイルランドやイギリス本島には、多くの地ビールの醸造所があり、
地元の人に愛されているのですが、そのローカリズムの中にありながら、
ギネスは大きな世界ブランドに成長しているのですね。

ここ日本でも、各地にある「アイリッシュパブ」で、
ギネスビールを楽しむことができます。

極東の島国の日本でも、ギネスビールが知られるようになってきたのは、
実は、ギネス記録と、それを記載したギネスブックのお蔭なのですよ。
まだピンときませんよね?

 

では、このギネス社の発展のきっかけとなったギネスブックは
どのようなきっかけで生まれたのでしょうか?

それは、些細な議論(口論?)から始まりました。

では、その歴史を次項で紹介していきます。

Sponsored Links

ギネスブックが誕生した!

時は、1951年。
当時、ギネス醸造所の代表者であった、ビーバーさんという人が、
仲間と狩りに行った時のことです。

「はて、世界で一番はやく飛ぶ鳥は何だろう?」
という話題になりました。

「俺は、ムナグロだと思う」
「いやいやそれは違う、ライチョウのほうが速いさ」
といった議論が繰り広げられましたが、結論は出ずじまいでした。

 

普通はここで「???」のままで終わるのですが、
ビーバーさんは別の視点からこの議論をとらえました。

ビーバーさんの頭の中で、

  • 世界一の記録を集めた本を作ると面白くて話題になる
  • その本を、ビールを卸している酒場に配ると、
    本の内容が、酒の肴になって、話が弾むだろう
  • すると、ギネスビールの杯が進むに違いない!

というストーリーが描けたのです。

そしてこのストーリーを、ギネスワールドレコードブックという本にして、
具体化させたのです。

これが、ギネスブックの誕生となったわけです。

 

聞いてしまうと、「ああなるほどね」かもしれません。

しかし、
鳥の飛翔速度から、ギネスビールの販売量アップまで、
かつてなかった切り口でアイデアを展開し、それを実現させたところが、
ビーバーさんの素晴らしいところですね。

 

ついでながらですが、
上で紹介したギネス的発想で成功した企業として、
タイヤのミシュランがあります。

レストランガイドで有名なミシュランブックを
発刊しているので、ご存知だと思います。

これは、

  • 全ヨーロッパの美味しいレストランを紹介する
  • では、「食べに行ってみようか~」という人が現れ、車で出かける
  • すると、タイヤが減って、交換需要が生まれる

というストーリーですね。

Sponsored Links

ギネスビールの成功に思う・・・

ここで、ギネスとミシュランに共通する、重要なポイントが
いくつかあることに気が付きます。

自社製品の販売に結び付く、効果的なマーケティングと
ブランディングを編み出した
ことは、もちろん最大の共通項であり、
素晴らしいことです。

 

でも、それ以前に、どちらもベースとなる
高品質な商品を持っていたのです。

オリジナリティの高い、こだわりの商品です。
これが欠落していれば、何をやってもダメだっただろうと思います。

 

そして、ブランドの浸透と販路の拡大が、
さらにその品質向上を加速させていくんですね。

上向きのスパイラルが回り始めて、その結果として
現在のポジションを不動のものにしたわけです。

 

良いものを持っていて、ユニークなきっかけを見つけることができれば、
爆発的に成長できるという、好例だと思います。

「良いもの」を広義でとらえれば、人に喜んでもらえること、
すなわち、良質なサービスと言ってよいでしょう。


良質なサービスと、柔軟な発想が揃えば、無敵になる!

これが、本記事で言いたかった核心部分です(^▽^;)

Sponsored Links

最後に

実は、
個人的にギネスビールには、特別な思いを持ってます。

仕事で年に一度、イギリスで監禁(笑)される期間があったのですが、
そこでの最大の息抜きが、ギネスビールだったのです。

現地で飲んだ、新鮮なスタウトギネスの味が忘れられません!

それがギネスというブランドに興味を持つことになる
きっかけとなりました。

 

さて、有難いことに、アイルランドの片田舎の、
小さなブリュアリーで作られていたギネスビールを、
今日、普通に日本で楽しめる、という不思議な事実があります。

その理由に思いをはせると、素敵な物語と教訓が潜んでいたことが
わかってきましたよね。

それがますますギネス記録の、偉大さを感じることになりませんか(*^^)?

 

ということで、
私も完全にビーバーさんの思惑にはまり込んでいるひとりです。

その発想の偉大さに敬意を感じつつ(^o^)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

記事内容で、わかりにくところがあれば、この下の「コメント記入欄」よりお尋ねください。ご意見・ご感想も大歓迎です。お気軽にお寄せください。

また当ブログ管理人の好きな「のりもの」関係の記事は、トップページ最上段に目次ボタンがあります。よろしければ、そちらから他の記事もどうぞ!

 

↓管理人も加入おすすめNo.1自転車保険↓

あわせて読まれている記事はこちら


Sponsored Links
このエントリーをはてなブックマークに追加

2件のコメント

  • リキマル

    こんばんは、大変勉強になりました。いつかきっと使えると思います。また忘れづらい内容と思います。こんな凄い内容が2014年から眠っていたなんて、「アピール不足です」

    ギネスがビールで、ランク付けのミシュランが、タイヤだったなんてびっくりです。
    インデックスの順番が、項目の少ない順にするとか、スクロールしなくても全体を見渡したいですね。

    • 管理人

      リキマルさん、こんにちは。

      埋もれている記事を掘り起こしていただき、ありがとうございます。雑談ネタにでもご使用ください。

      この記事は、自分でも「いい内容だなぁ」と思うのですが、あらためて見てみると愛想のない記事ですね^^;

      アピールも考えてみます。ありがとうございます。

コメントを残す