太らない食べ方とは?実際に効果があった3つの方法!

食べ方を変えるだけで、太らなくなるのか?

半信半疑だったんですが、なにはともあれ、自分で工夫して、
実践してみました。

確かに太りません

さらに少しの運動を組み合わせると、面白いようにダイエット
までができてしまいます。

これはいいかも!

62_original

 

特に難しいことはしていません。苦しくもないです。
たった3つのことを心掛けただけです。
これは、なかなか楽して実りが多いぞ!と感じてます。

ということで、
私が取り組んで、効果が顕著だった3つの方法を紹介します。

Sponsored Links

その1 ながら食いをする!

ながら食いをする理由は、

食べる時間を伸ばすためです。
何かをしながら、少しずつ食べます。

さて、
ネットでは、「太らない食べ方」について調べてみると、
ながら食いをしないこと!
というのが、必ずのように挙げられています。

理由は、
満腹になっているのに、気が付かずにそのまま食べ続けるから
だそうです。

そ、そんなアホな・・・

満腹を忘れるほど、気を取られるようなことってあります(;´Д`)?
私は、ないです・・・

むしろ食べることに集中したら、短時間で一気に
食べてしまうと思いませんか?

私は、徹底的にながら食いをしてます!
これが、一つ目の食べ方のコツです。

 

具体的には、

  • 新聞や、本を読みながら
  • テレビを、じっくりと見ながら
  • 人と話しながら

みたいな感じですね。

 

とりわけ、

食べ始めに、時間をかけるといいです。
一口食べては、箸をおいて、「~しながら」くつろぐ、
といった感じです。

洋食でいうところの、オードブルやサラダを、
思いっきり時間をかけて食べてみてください。

 

それだけで、
もうええわ、おなかふくれたー
って感じになりますよ(*^^)v

Sponsored Links

その2 野菜から食べる!

これは、一石二鳥の効果があります。
まず、野菜はしっかり噛んで食べるのに時間がかかります。

私は、

顎が疲れるくらいで噛んで食べるのですが、
これだけで、食べ疲れてきます(^▽^;)

時間もかかるので、徐々に満腹感が出てきます。

野菜

 

次に、野菜には食物繊維が豊富で、糖質の吸収を緩やかに
してくれる効果があり、血糖値の上昇が緩やかになるそうです。

あとから食べる、タンパク質や炭水化物が一気に吸収される
ことがなくなるんですよね。

私の場合は、多少、晩酌もするのですが、生野菜から
食べ始めると、
飲む気もなくなってくる(´・ω・`)
ので、これもマルですね。

 

おかずの野菜を先に食べてしまうと、ご飯(白米)も
おかわりできないです。だって、もうおかず、ないし(^▽^;)
ということで、ご飯の食べ過ぎもふせげるんですね。

 

野菜を先にお腹に入れることによって、ゆっくりと、

健康的に血糖値を上げながら、
同時に満腹感も満たしていくことができる、

まさに、一石二鳥ですね。

Sponsored Links

その3 昼食をメインにした!

この方法は、個人のライフスタイルによって、難しい人がいるかも
しれないのですが、要点は、

夕食をメインにしないということです。

 

私の場合は、昼にゆっくりできるので、テレビを見ながら
1時間くらいかけて、そこそこの量の食事を摂ってます。
ゆっくり、かつ満腹になるまで食べてますよ(^^ゞ

昼にしっかり食べると、夕食時にそれほど空腹を感じません
そしてまた、夕食も、ゆっくりと「ながら食い」をすると、
自然に食べる量が、制御されるようになりました。

 

以前は、仕事の関係で、昼は食べる時間がほどんどなく、
夜、10時頃が夕食!という生活をしていました。
もう、夕方から飢餓感にさいなまれて、バカ食いしてましたね。

で、食べたらすぐ寝る(´Д⊂ヽ
いやー、思い出すと恐ろしい。

 

また、お昼にしっかり食べられなかった日は、

夕方に間食を摂るようにしてます。

夕食でバカ食いするより、このタイミングで少量のおやつを、
食べておいたほうが、トータルで、食べる量を減らせます。

私の場合は、ナッツ類を食べたり、コーヒー、牛乳などを飲んだりしてます。
これも、夕食時の強い空腹感を避けるのに、有効打になります。

 

まとめ

以上、私がやってみて、効果があった方法を紹介しました。

世間で推奨されている方法とは、若干違いはありますが、

自分に合う方法を見つける
ことが、大切だと思います。

一言でまとめると、
如何にして、食べる量が自然に減る工夫をするか?
ということになります。

 

あなたの、お腹を上手に騙す食べ方が、すなわち
太らない食べ方になると思います。
ぜひ、工夫されてみてください。

本記事が、お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

記事内容で、わかりにくところがあれば、この下の「コメント記入欄」よりお尋ねください。ご意見・ご感想も大歓迎です。お気軽にお寄せください。

また当ブログ管理人の好きな「のりもの」関係の記事は、トップページ最上段に目次ボタンがあります。よろしければ、そちらから他の記事もどうぞ!

 

↓管理人も加入おすすめNo.1自転車保険↓

あわせて読まれている記事はこちら


Sponsored Links
このエントリーをはてなブックマークに追加

2件のコメント

  • リキマル

    こんにちは、ここのページなかなか来れないですね、奥の院みたいな、(コーヒーも同様です)特にダイエットをする気はないのですが、読むと中々楽しいし。でも野菜から食べる、お話をしながら食べるは賛同できます。夕食は食べた後直ぐに寝ないのが秘訣と思います。私の場合、しっかり起きていて、1時前には寝ません。その間水もの(コーヒー含む)、少しお酒とか、炭酸飲料も美味しいですね。などなどが入っちゃいますが、特に太ることはないです。他にはできるだけこまめに立つ・移動する・座るなど率先してやりますが、特に落ち着きがないと言われたことは、ありません。後寝る前にはラジオ体操を必ずします。真剣にやると、少しづつですが体が柔らかくなります。

    • 管理人

      リキマルさん、こんにちは。
      奥の院まで、お越しいただきありがとうございます(笑)

      私も体系はどちらかというと痩せ型ですが、とにかく良く食べるので、シーズンオフには気をつけないと体重が増えます。
      最近は、夕食後すぐに歯磨きをして、その後の飲食をしない(できない)ようにしています。

      寝る前のラジオ体操は、いいですね!
      習慣にされているところが、素晴らしいと思います。

      私は、ラジオ体操は朝にしてますが、その前後でストレッチと簡単な筋トレを織り交ぜています。
      もともと身体は硬いのですが、これを続けているおかげで硬さが悪化することなく、同年代比較では柔らかいほうに属するようになってきました。

      食事と運動。これに少し気を使えば、病気知らずですね^^

コメントを残す